医師のための資産形成方法を伝授|分かりやすく解説

ウーマン

海外ビジネスの手助け

インドネシアでビジネスを行うためには、まず会社設立が必要です。インドネシアの言葉で所定の手続きを済ませる必要がありますので、現地に詳しい海外進出サポートを受けることがインドネシアで働く上では重要となります。

模型とお金

上手く会社を売却する

会社売却は最初のマッチングから契約内容をつめるディスカッション、契約締結後のPMIを流れに沿って確実に実施しなければなりません。オーナーの体調や業績の良し悪しによってスケジュールを調整して従業員から見ても安心できる会社売却を行いましょう。

握手

トラブルの種を取り除く

インドネシアで事業を始めるとき、コンサルティング会社に依頼するのがベストです。宗教や文化がインドネシアと日本とでは異なるため、そこを理解しながら経営方針を決めるのが大事です。事業に関して的確なアドバイスをくれるのがコンサルティングです。

投資を考える前に

先生

最初にすべきこと

医師は高所得な職業として社会で認識されている。だから、資産形成も自然にできるかというと、決してそうではない。所得が高いからこそ、資産形成を真剣に考える必要がある。一般的には、高所得である医師は資産形成がもっとも苦手な職業と言われています。社会的地位が高く、所得が高いと、その分支出も多いからである。医師だからということで生活レベルも上がり、後継ぎとなる子供の教育費も惜しみなくかけてしまう。しかし、医師も他の職業と同様に定年を迎え、収入が途絶える時が必ず訪れる。今の生活レベルを下げずに快適な老後を迎えるためには、他の職業よりも多くの資産形成が必要なのである。収入が多いのだから、きちんと情報収集し、資産形成の方法を身に着ければ、十分に資産形成を行うことも間違いなくできるのである。資産形成を行う前にしなければならないことは、収入と支出を正しく把握することである。そして、現金をしっかり貯金する。収入が多くても貯金は100万以下という話は珍しくない。月々の支出を把握して、半年は収入がなくても暮らしていける現金貯金を作る。それから初めて、不動産や株式などに投資していく。最低限の貯金すら難しいようなら、強制的に積み立てられる利回りの良い保険を探すのもいい。貯金や保険の欠点は、インフレに弱いことである。長期的に貯金するとき、インフレが起こってしまえば、実際の価値は下がってしまう。だから、支出を把握し、最低限の貯金ができたら、次に投資による資産形成が必要になる。